絵描きブログ

イラストレーションや絵の話をめちゃめちゃしたいです

ZINEをどうやって作るか。【前編】

f:id:white_shirts:20170827204416p:image

さて、前回からジンジンいっていますが、ようやく作った工程をまとめました。

今回の制作は10月のイベントに向けて制作にしていたので、約1ヶ月で入稿、印刷所で本に仕上げてもらい、手元にとどくまでは1ヶ月半かかる計算です。装丁が予想以上に手数かかったけどそこが一番たのしかった。それでは、1ヶ月の軌跡をご覧ください。

 

1.スケジュールをたてる

原稿の開始は、どのイベントに向けて展示したいかから逆算しましょう。

これは多めにとっとくに越したことはないです。

最短で1ヶ月で24Pの本を出したことがありますが、パツパツで進行してた記憶があります。

入稿ミスも連発してたので、余裕持ったスケジュールを立てましょう。

また、印刷所は早割というものがあります。逆に遅延増しもあります。何事も早い方がお得です。

 

2.アイデア出し

イデア出しは日頃のスケッチやメモから持ち出すことが多いですが、

ネタになる写真を撮りに行ったり、友人と深夜のサイゼリアで会ってしがない話をしたりします。

f:id:white_shirts:20170827204617p:image

今回は、日頃から惰性で食事を取っていることに引っかかりがあったのでそこにフォーカスしたテーマにしようとしています。

急ぎで食事を取ってると、味もわからないまま食べていたりするんですよね。せっかく作ってもらったものを惰性で食べるのはどうなんだろうと日頃から反省…。また、自分は絵がエグくなりやすいのであまりエグすぎない表現、とっつきやすい見た目、というところも考えました。テキストで語るのも文才の無さが恥ずかしくなってしまうので、内容に文章は少なめ、としています。

 

テーマにあわせて、本全体のイメージや参考資料集めもこの段階でしておくと、次の工程からスムーズに進みます。 

 

3.下書き&構成

第一弾構成を制作しました。

テーマの「Delikatessen(デリカテッセン)」は食市場という意味です。食べ物がたくさん並べられてる様子を描きたいなと。

f:id:white_shirts:20170827211102p:image

紙はコピー紙で、中身にはページごとの下書きをしています。

ここから線を起こせるように、構成を重視したものにします。

 f:id:white_shirts:20170827211958p:image

(下書きってペン入れより好きな線があったり)

 

4.原稿制作

f:id:white_shirts:20170827212645p:image

さきほどの下書きを取り込み、原稿制作です。机の上が絶望的に散らかっています。

アナログで言うペン入れ作業ですね。線入れのコツは、下書きを信じないことです。作業量はここが一番多いです。

本文までオールカラーの場合は、最初にカラーパレットの設定や色彩の設計をやっておくと、本全体に統一感がでます。

これ以降、原稿の調整を入稿前までずっとしていました。

 

5.用紙サンプルでモック制作

f:id:white_shirts:20170827215514p:image

黒インクがラフな紙にシュワっと滲む。

もちろん印刷所に刷っていただくのでそんなにはにじみませんが、手触りやインクの乗りの質感から、今回の本は用紙を替えようと思います。

その場合、本の厚みが気になるんですよね。あんまりペラペラだと本として存在感が薄くなってしまうので、実際のページ数でどの程度の厚みになるのか検証します。

f:id:white_shirts:20170827220139p:image

また、原稿を制作していくうちに構成に手を加えたいところもでてきたので、改めてページ構成を考えます。

f:id:white_shirts:20170827220351p:imagef:id:white_shirts:20170828005555p:imagef:id:white_shirts:20170827220411p:image

下書きから退化してるように見えますが、脳内で補完。

 

続きは後編で!